2010.02.26

金の金

この題名を、

「キムのきん」と呼ぼうが、「きんのキム」と呼ぼうがそれは読む人の自由ですが、

僕は「きんのキム」ということで題名をつけました・・・・・。ちなみに意味はないですがね。



今日は女子フィギュアのフリー演技があり、その最終組が始まったのは午後1時頃でした。

みなさんはどこで何をしていたでしょうか?

ちなみに老人科の医局で先生たちとみてました。。。。。

生中継で観ることができて幸せでした。老人科で良かったです。



・・・・いや、キム・ヨナの演技圧巻でした。これぞ女王の貫録というのでしょうか・・・。

真央ちゃんには残念ですが、観た人全てがキム選手の演技を観て、金メダルを納得したのではないでしょうか。

明らかに今回の女子フィギュアは2大巨頭対決という構図が出来上がっていました。

その2人に焦点を当てたとしても、この差は大きかったと思いました。

今回のフィギュアでは採点が物議を醸し出していますが、

「何を魅せるか」が大きなポイントだったと思います。



ジャンプという競技技術にこだわり、その前後の演技を捨てるのか

ジャンプを捨てて、その前後の演技に力を入れて、全体の演技の流れを自然に整えるのか



この2点で、二人の演技の魅せ方はとても対照的だったのではないかと思います。

今回だけにとどまらず、オリンピックは後者が重視されてしまう傾向があるようです。

これについては採点にケチをつけたところで何の意味もないので、これ以上は言いませんが。。

僕は後者がやはりフィギュアの魅せ方なのかなぁと思います。あくまで主観ですが。。。。



しかしオリンピックでも二人の好不調を象徴した演技だったような気がしますね。

それにしても今年のキム・ヨナは手がつけられなかったです・・・・・・。

まるで氷上では別人のようで、穴のない演技とその表現力は追随を許しませんね。確かにジャンプは3回転が最高ですが、着氷から次の演技にスキがなかったです。

そして効果的に出してくる腰と肩のくねらせるような動き。「自分の魅せ方を知ってるなぁ~。」と唸ってしまいますね。




まぁ総じて、2人の天才の演技をオリンピックという場で見れたことに素直に感謝したいと思います。

多分この2人を超えるような対決はみれないような気がしてなりませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.24

WBC連覇

・・・・・とうとうやりました。WBC優勝!!

韓国を撃破しての優勝。手汗を握る接戦でした。。

最終的には投手層の厚さがモノをいいましたね。



9回ウラには半分あきらめかけましたが、勝利を信じてました・・・。

そしてイチローのセンター前ヒットは体が震えました。

やはりイチローには野球の神様がついていると思わずにはいられませんでした。

カッコよすぎです・・・・。




去年の北京の屈辱を乗り越えて、日本野球は誇りを取り戻しました。

その意地と誇りを感じとることができた、とっても良い試合だったと思います。





つぎの一言で喜びを表しておきたいと思います。





 

  日本野球 バンザイ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.23

完敗・・・・




昨日と今日、オリンピックの野球を観ていましたが、韓国、アメリカに完敗でした。




どちらの試合も先制しておきながらの逆転負け・・・。

対韓国戦は完全に継投が裏目に出たのと、投手選択のミス。

対アメリカ戦はGG佐藤のエラーとヒットエンドランの失敗で完全に流れが変わりました。

基本的には貧打が敗因の元凶でしょうか。



監督の采配にも少し疑問がありました。監督自身も選手に遠慮があったのかもしれません。

観てて思ったのが、首脳陣も選手も短期決戦に対応できていなかったように思います。

打者は韓国とアメリカがしていたように、粘って投球数を稼いだりする粘りとフルスイングが全くできていなかった。

投手に関しても、最後まで試合球とストライクゾーンに対応できず、それを不満に思っていたふしがありますが、それは国際試合ではつきものだし、それを対応する能力は不可欠だと思います。




まぁ、観ていて完全に実力差を感じました。

あと選手の気魄にも差を感じました。勝負の場面で集中しきれていなかったし、最後まで相手を甘く見、自分達のイメージどおりにならない現実に対しても、最後まで現実を直視できなかったのではないかと感じました。



日本-韓国戦で、マウンドに集まってまで喜ぶ韓国選手の姿が印象的でした。

あそこまで、感情を爆発させる元気が日本選手には最後までなかった。プロという違う建前にこだわりすぎたとも感じました。



前回アテネ大会では中畑が監督だっただけに、「無理やろ。」と思っていたのですが、今回は星野監督だったので、少しは期待したのですが、がっかりしでしたね。

打者に関しては、メンバーをみて「主軸がいないなぁ~」と思っていたのですが、感情をあらわにしてチームの流れを作れる選手がいませんでしたね。川崎は怪我しちゃったし・・・。

個人的には、気魄を前面に出す田中や上原をもっと使えば、守備では流れが変わったんじゃないと思いますが・・・・・・。

まぁ負けたからしょうがないですけどね・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.11

田中の眼

NHKで22時から『スポーツ大陸~進化する19歳』を見た。




楽天イーグルスの田中将大投手が今年のキャンプでストレートに磨きをかけ、2年目のジンクスを打ち破るための挑戦を追ったドキュメント。



楽天の田中投手の最大の武器はスライダー。

そのキレは高校野球で駒大苫小牧時代に超高校級の一級品だった。しかし、意外にストレートに威力がない。スライダーを始めとする変化球を効果的に生かすには、走るストレートがあれば、間違いなく球界を代表する大投手に化ける可能性はある。問題はその投球技術だ。

去年とは違ったより走るストレートを投げるために模索する田中投手の日常とその素顔に密着していて、なかなか面白かった。




特に印象的だったのが田中投手の眼。



一見すると、クリクリとしていてとてもかわいく見えるのだが、その奥には現状には決して満足しない燃えるような意志の強さを感じた。

要は、とてもいい眼をしていたということ。

自らに何が足りないかを絶えず問いかけ、問題点を見つけ、それを改善するために考え続ける彼の姿勢はとても参考になったと思う。

それができるのは、自分をもっと先に見据えているということ。

ただ日々に自らを置くのではなく、日々を自らに置くような。。。そんな能動的な姿を見た気がする。




春休みの間に、自分の将来や理想を考えた時に、これから3年後、5年後にどのような環境に身を置くべきか、ということを今の時点での自分の率直な本音を自分に問い正した。



それを実現するために、何が足りないのかということも漠然とだが考えた。



不足しているものがあまりにも多すぎて、さらに、まだ具体的な行動は何にもしていないけど・・・。




自分の眼は、他人からどのように見えているだろうか・・・。


ちょっと気になる・・・・。自分では見えないからなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.09

競馬で大負け…

今日は久しぶりに競馬をするために中山競馬場へ・・・・。

大学の馬術部の人とプレミアムシートでいつもとは違った競馬を楽しんできました・・・。

大負け…

11時前に競馬場に着いて、第4レースから第12レースまで勝負してきましたが、

結果は、

結構かつてないほどの

大負け(1勝8敗)

を喫してしまい、かなりイケてなかったです。

賭け馬の目のつけ所はなかなかよかったのですが、あともう一歩ツメがあまいというか・・・、あと一歩踏み込んで馬券を買えなかったかったなぁ~と思いました。

かすりそうで、かすらなかったレースばかり。

これが競馬なんだよな~。

メインレースのGⅢ(Jpn)オーシャンステークスは、軸となる馬がスタートで出遅れて、レース展開が大きく狂う始末・・・・。

もう踏んだり蹴ったりでした・・・。



けれども・・・、

勝ち負けは度外視して、勝負するっていいです。

競馬新聞、自分の目、そして馬場の状態とか。。。様々な情報を総合して予想する楽しみ。これが僕の中での競馬を楽しむ醍醐味。

そして競馬場のあの開放感・・・。

日常ではなかなか味わえない感覚です。



いい気分転換になったと思います。

Photo



戦いのあと・・、

空しい負け馬券。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.24

さよなら ディープ

今日は聖なる夜 クリスマス・イブですが、

ボクは、おっさん達に混じり、水道橋WINSで競馬してました。










そう・・・・・・。





今日は何と言っても、




今年最後のGⅠ 第51回有馬記念

そして、そして、

ディープインパクトラスト・ラン










ディープは飛びました。

僕たちにその強さを最後まで魅せつけてくれました。・・・・・・・・・。




本人はこれで引退レースだとはつゆ思っていないんだろうけど、




その最後を知っているかのような最高の走りをしてくれたような気がします。




馬場を飛ぶようなその走りはもう二度とみれないんだね。










ボクが生きている間には、おそらく二度とこんな馬を見ることはできないような気がします。






さよなら・・・・・。 ディープインパクト。










そして、今日はひさびさの大当たり。有馬記念は、馬連一点買いでウハウハでした・・・・。










グッ ジョブ! ペリエ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.21

高校野球

早稲田実業と駒大苫小牧の再試合、熱戦でした。

個人的には、駒大苫小牧の3連覇で、高校球史に燦然と輝く金字塔を打ち立てて欲しかったのですが、今日の試合は早実の方がチームとして、また集中力の点でも上回っていたと思います。

今年の夏も、例年と違わず、よく試合を見ました。

やはり必死になってプレーする姿、負けて周囲を憚らず泣きじゃくる姿、・・・・青春です。

さすがに僕にはそれほど熱くなれることってないのでなおさら憧れますね。





今大会、特に思ったのは、今年はホンとに一筋縄ではいかない試合が多く、数多くの逆転劇を目にすることが出来ました。数多くの感動劇を見ることができました。

観戦していて、やっぱみんな、野球はうまいなぁとつくづく感心してしてしまいました。

確かに技術的なものも大きいとは思うのですが、ベスト8ぐらいになるとあまりそういうことは問題にならず、試合への冷静さとあとは野球をどれだけ頭を使って考えてプレーするかが勝利への鍵になりますね。

野球は変に熱くなったチームは勝てません。冷静かつ頭を使うスポーツなのですよ。

ということを小学校時代リトルリーグでコーチから嫌になるぐらい聞かされました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.09

3位決定戦

公約どおりライブで観ました。

はい。ポルトガルは勝てませんでした・・・・・・・・。

カーンは塗りかべみたいでしたね。

まぁフィーゴのアシストを観れたからいいか・・・。

この時間帯だとさすがにココログに快適に書き込めるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.06

ポルトガル-フランス

PKでジダンのシュートにリカルドはしっかりと反応していましたね。

そのPKの得点が決勝点になりフランスが勝ちました。

1000円でポルトガルに夢を託したわけですが、露と消えました・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.05

イタリア-ドイツ

今日からW杯準決勝。

ココまで来れば意地で、

全試合ライブで観ます。 ・・・・ガンバレ! オレ~。

前半はイタリア押し気味。







それにしても現在、僕の脳は2/3ほど死んでまふ・・・・・・・・・・。

眠くて眠くて、

大声出せないほどよわってます。 





ナゼか、我が母親も僕の隣でとても元気にサッカー観てます。  ヘンです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)