2010.03.26

書店に5時間

短い春休みなのですが、それでも大学の課業期間に比べては時間があるということで、

昨日は新宿のジュンク堂に本を漁りに行ってきました。 


久しぶりの本漁りです。


午後から新宿に繰り出して約5時間たっぷりと、いろいろな分野の本を観てきました。

5時間でもまだまだ足りない。本棚をふらふらと歩きまわっていると、読みたい本が次々に出てきます。

しかし、なんだかんだで時間との相談で、そんなに多くの本を読めないのも事実。



そんなわけで買ってきたのが下の写真

100326_141347

まぁ分野もばらばら。やはり現代思想と経済学はついつい買ってしまう分野ですね。

歴史もの(ローマ人の物語)はライフワークです。



ちなみに医学コーナーには15分ほどいました。

これから国試の勉強に突入するわけですが、もうちょっと診断学というものを体系的に勉強していないので(そもそもそういうカリキュラムがない!)自分でそれなりに勉強しようと思って購入したのが、


「誰も教えてくれない診断学」


評判いいらしいとの噂を聞いていたので買いました。とりあえず読みやすいです。


国試の勉強はあくまで国試。 国試もそりゃもちろん大事だけど、同時に臨床の場に身を置いた時に役立つ知識をもっと勉強しなければいけないと自分なりに感じたわけですよ。そんな勉強もこれからしていくつもりです。



今は関西のとある夜景の港街におります。

僕のじいさんが働いていた病院をちらっと覗き見て、港町にある大学病院を遠くから眺めてきます。

そしてこの関西のTV番組をみながらぼんやりと自分の将来について考えてきます。

明日の夜行バスで関東に戻ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.10.17

日本一マズいラーメン屋に行ってみた。

昨日のこと。

おいしいラーメン屋と呼ばれる店は数多くあれど、まずいラーメン屋というのは歓迎されないものです。

ところが僕が通う大学の近くには“まずさ”を売りにするラーメン屋というのがあるのです。



その名も 『彦龍』



それも“まずい”の前に「日本一」という余計(?)な修飾詞がついてきます。

ホームページやブログなどで、多くの人がその彦龍訪問記がレポートしていますが、詳しくはググってみるといいかもしれません。何でも、現在でもTVや雑誌の取材が絶えないそうです。



ふとしたことから、大学の後輩と僕を含めた同学年3人で、そのまずいラーメン屋でラーメンを食べてこようという企画が飛び出しました。

『彦龍でラーメンを食べる』企画。まぁそのままですが・・・。

その立ち上げは先週の土曜日。約一週間の心の準備をする期間を設けて、ついに昨日行ってきました。
その昼には後輩とYou tubeにアップされている動画で予習する念の入れようで・・・・。



文京区千駄木にあるそのお店は、大学から10分ほど。。入店をかなりためらう独特の店の面構えは、ラーメンの味をネガティブに想像させるの十分のインパクトをお客に与えてくれます。

とりあえず入店して7席しかないカウンター席に4人が座ってメニューをみて、「彦龍」の亭主さんに「何がお勧めですか?」と聞いてみると、すぐさま

「彦龍ラーメン」

と答えが返ってきました。どういう意味で“おススメ”なのかは聞き返しませんでしたが、その言葉を信じつつ、彦龍ラーメンを4人前注文。

その名物亭主さんがその準備を始めると、「お客さん。何かホームページか何かでみたの?」という探りの質問が・・・。

事前のホームページ情報によると冷やかしの客にはキレるらしいとのことだったので、「おおお、きたきた・・・。」とその質問に胴答えようかと思ったわけですが、まぁ冷やかしなのは間違いないわけだし、ウソをつくのもめんどくさかったので・・・、

「いや・・・。ホームページで閉店するって書いてあったんで、行かなきゃと思ってきたんですよ。」

「あっ。そう。 それじゃ、来月のトークライブのこと書いてあったでしょ?」

なに?トークライブ?しらないぞ、そんな情報・・・。と答えに窮していると、すぐに後輩の女の子が、

「知ってます知ってます・・。やるんですよね~。トークライブ。」

いい感じで僕を救ってくれました・・・・その女の子の反応をみた亭主さんは、

「あれ~? どっかでみたことあるなぁ~。」

「水曜日お会いしましたよ。」と答える後輩。。



実はその後輩、「彦龍」でラーメンを食べるということで、水曜日にお店を探しに、千駄木・谷中をチャリンコでうろちょろしていたとのこと。 ようやく探し当てた「彦龍」の前でタバコを吸う亭主に遭遇し、、喜びのあまり思わず話かけてしまったそうです。

「金曜日 お店開いてますか?」

その質問に対して亭主はこう答えたそうです。「・・・んなの。。 わかんねぇや。」

その返答に亭主に食いつく後輩。

 「どうしてですか? 金曜日私たちラーメン食べに行くんで、ぜひ空いてて欲しいんですけど・・。」

亭主はこう答えたそうです。

「取材が入ったら、ギャラが入るからと店閉めちまうんだよ。 だって働かなくていいだろ? あとは気分次第だなぁ・・・。」



そんなわけで、この水曜日のやり取りを覚えていた亭主さん。しっかりと後輩の顔を憶えていました。



それをきっかけに一気に話がはずみました。

バシバシと次々と話をしてくれる亭主さん。サインの話とか、TV出演の話とか。。。

「なかなかもらえないのはな・・・・、渡さんのサインなんだよ。」

と指さしたその先には石原プロダクション社長であらせられる渡哲也のサインがありました。



・・・とまぁ、そんなわけでいろんな話をしつつ、約15分ほどで「彦龍ラーメン」4人前が完成。作り方は、まさしくYou tubeで予習した通りでした。



一人一人の前に置かれたラーメンの前で、まずやることと言ったら。。。



カメラで撮影会。

僕以外の3人は携帯のカメラで、後輩の女の子は、デジカメをちゃっかりと用意しており、出来立てほやほやの「彦龍ラーメン」を激写。それを見た亭主は。。

「ちゃんと真上から撮らないと写らないだろ? ちゃんと撮ってよ。」

と不快そうでもなく、    まぁこんな客は多いのかな・・・。



カメラで撮るのを「失礼かな」と思い、みんながカメラでラーメンを撮っている最中、、さっそく僕はその巷で“まずい”らしいラーメンに挑戦したわけです。

割り箸を割り、そのラーメンへの第1手は正直おそるおそると具材を触りつつ、、、。

そしてレンゲでスープをすくい、口の中に味わってみました。

「う・・・・ん。」

生臭いと揶揄されていたその味は、予想に反して意外と普通。・・・・普通に飲めます。

若干味が薄いかな・・・と思わせるものの。食べれない代物では決してない。

ぜんぜん食べれるラーメンなのです。(まぁ当たり前か・・。)

まずは一口食べると、あとは一気に箸がすすみます。



多くの人が描いていたの腐りかけの煮卵、なぜかねばねばしているナルトもぜんぜん普通・・。野菜も多かったし・・・。



結論として決して“マズい”というものではありませんでした。約15分で全て完食。

スープも半分ほど飲んでしまいました。



・・・実は「彦龍」の醍醐味は実はココからでした。



ラーメン食べ終わってその後70分ほど、亭主と色々なお話をしてしまいました。


まぁ、ホントに色々と話してくれるんですよ。

自分のことを・・・。そして「彦龍」のこと。 TV出演の裏話。芸能界の裏話・・・。 「彦龍」に来た失礼なお客さんの話・・・。・・・そして下ネタ。。。

そして僕たちもかなりノリノリな面子4人で「彦龍」に行ったわけなので、話ははずみ、話は途切れることもなく、70分も話し込んでしまったわけです。最も亭主さんが8、9割話しっぱなしでしたが・・・。

もちろん閉店の理由も聞いてきました。 

手術をするそうで、そこで客にビッコを引いて厨房を歩く姿を見せたくないとのこと。

僕たちが医学生であることは明かしませんでしたが・・・。


亭主さんの印象としては、天然で独特な性格ではあるけれどとても真っ直ぐな性格だなぁと思いました。接客は総じてとても丁寧でしたね。

お金を払って、お暇する時に亭主さんから「また食べにきてね。」

と言われました。

そんなわけで、「彦龍」訪問は見事に円満なうちに終わったわけです。

僕たちのドキドキの挑戦は終わりました。僕たちの遊び心はしっかりと達成されたわけです。





帰り際思ったのは、「彦龍」へ行く時は、


グループで行くこと。(たくさん注文すると喜んでくれます。)


ノリのいい女の子を連れていくこと(下ネタを含め、話がはずみます。)


が最良の選択だと思います・・・・。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.28

10カウントゴング

090927_202017





























日曜日のこと。

プロレスリングノアの三沢追悼興行「Great Voyage '09 in Tokyo 」を観るために武道館に行ってきました。

5月以来の観戦です。。その時も武道館でしたね。

あの時は観客はそんなに多くなかったけど、今回は超満員・・・。立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。

やっぱり観客が多いとより盛り上がります。

対戦カードもさることながらとてもアツいプロレスを観ることができました。


最後の三沢追悼セレモニーでの10カウントゴングと三沢コールは少し目頭が熱くなりました・・・。

生で観るプロレスは面白い。また観に行きたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.11

みんなで買い出し

090811_173709_2

8月下旬から大学の友達と後輩を連れて北アルプスに登山へ行くのですが…、



そのための登山装備をみんなで買いに上野、新宿へ買い出しへ行きました。



アウトドアの買い出しとなるとテンション上がりまくりなわけで…。アウトドアならではの合理性に富んだ機能とデザインにいつも唸らされるのです。



行くたびにいろんなものを買いたい衝動を抑えられないのは、まぁ当然といえば当然なわけで…、



今日も登山用ヘッドランプを始めいろんなものを買ってしまいましたとさ・・・。





登山用ザックもかれこれ10年以上使っているので、買い換えたい衝動があるのですが。。。

ガマン・・・ガマン・・・。

上の写真は気にいったザックを後輩に担がせて撮った写真です。





そういえば・・・、

今日の昼はラーメン二郎 歌舞伎町店で2週間ぶりの二郎を堪能しました。

ここで一緒に汗をかきつつ二郎のラーメンを食べた友人が名言をかましてくれました。

「二郎はスポーツである。」

確かに食している時に出る汗の量はスポーツしている時とあまり変わらないなぁ・・・。





明日からは自転車旅行すよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.02

銀座にて・・・。

銀座にて
今日は何かとエンゲル係数が高い日でした。




昼食は、製薬会社のMRさんが用意してくれた某老舗の鰻弁当。

鰻が2匹も入っていて、鰻フェチの僕としては最高の昼食でした。こんな豪勢な鰻弁当を食べられるとは、今年は本当に良い年になりそうです(?)。。。



夜からは、前の大学時代の友人が関西から東京に来ているという連絡を受け、銀座でお食事。

銀座のお寿司で、コース料理を食べました。

上の写真はそのコース料理の一つを撮影したもの。

付出しから始まり、刺身、お椀などが続き、メインは握りでしたが、おまかせでお願いしました。

値段の割にはとてもボリュームがあり、これは安いな~と思いました。

お客の年齢層は少し高めでしたが、まぁ僕の年齢でも行けるかなというお店。これは利用しない手はありませんね。



去年、フリーディレクターになった彼は、取材の関係上いろんな人と出会え、またいろいろな経験をしていて、その話が聞いていてとても面白かったです。

また一段とたくましくなっていました。

同じ学部学科で、同じ演劇サークルで活動していたのですが、それから10年後、お互いに全く違う環境で、こうして生活しているわけです。

その人生の違いの面白さがなんとも言えません・・・・・。



銀座のお店でお腹を膨らませた後は、すずらん通りのバーで、これまた同じ演劇部の同期の女の子と待ち合わせして3人で、少しお酒を飲みました。

S.E.の彼女はこの半年間の激務から、顔がかなりやつれていましたが、もう少しでプロジェクトも終わるそうです。

いろいろと取り留めのない話をしつつ約1時間ちょっとの歓談を楽しみました。

その女の子はその後夜勤のために出社し、彼は夜行バスで関西に戻り、そして僕は帰宅したのでした。

みんな同じ歳だけど、みんなそれぞれ生きる環境も違う中で頑張っている。そういう事実が存在するだけで僕を大いに励ましてくれるような気がします。



ま、僕が一番お気楽の生きているなぁと思いました。

それは事実としてしっかりと受け止めて、自分のやるべきことをしっかりとしていくだけのことです。



なんだかとても良い夜でした・・・・。

そんなわけで、これから少し勉強しようと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.07

プロレス

プロレス
GWも後半に突入しました・・・。

高速料金1000円のあおりかどうか・・・・、いつもなら遠出をするのに、連日の高速道路の渋滞ニュースを見せられた反動で今年は遠出をする気が起きません。

・・・・・そんなわけで、今日は大学の友達とプロレス観戦に武道館に行ってきました。

NOAHの「グローバル・タッグリーグ戦」の最終戦です。



プロレス観戦に出かけるのは、7,8年前の関西で見た大阪プロレスの興行以来です。

去年までは日テレの日曜深夜枠で、プロレスの実況中継をしていたけど、今年からなくなったこともありプロレスを見るのは久しぶりな感じでした。

2F席からだったけど、やはりTVと比較して、ライブで見るのとでは興奮度が違います。

有名選手の試合も結構あったし、肝心のプロレスの内容もそれなりに大技も見れたし、熱気も伝わってきたし・・・・。



今はPRIDEとかの異種格闘技が主流だけど、プロレスの作られた“エンターテインメント”性も捨てたもんじゃないと思います。流血とか失神もないので、ある意味見ていて安心感がありますしね。

こういう歳にになると、無理に流血も見たいとは思わないし、その点がちょうど良かったと思います。

しかし観客が意外に少ないのは気になったかなぁ。アリーナ席もわざと余裕のある客席作りをしていたようだし・・・・。あのくらいの客の入りで、収入は大丈夫なんだろうかとそんな変な心配をしてしまいました。

数年前まではドームが満員だったというくらいなので、その客入りの激減ぶりはかなり顕著になってきているのかもしれません。

これも時代の風潮というヤツなのかな。



個人的にはとても面白かったけどね。

いつもはTVだけだけど、時には足を運んでライブで観るのもいいもんだなと思ったりしました・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.17

ETC購入できず・・・・

今、世間で話題になっている高速料金一律が1000円になるという話。

そのためにはETCが必要になってくるのは多くの皆さんが御存じのはず。

そして今月12日からETC購入で5250円の助成金が支給されるというのもニュースで報道されている通りです。


ちなみに、ETCはElectroric Toll Collection System(有料道路自動料金収受システム)の略らしいです。



我が家の車は、カーナビなし、ETCなし・・・・。という、いわば前世代のIT化されていない車だったのですが、高速料金が安くなるということで、今回ETCを購入することに・・・。


そんなわけで、行ってきましたスーパーオートバックス。

正直なところ、いつも行っているホンダのディーラーでETCを購入しようと思っていたのですが、この助成金は全国のカー用品店とトヨタのディーラーでETCを購入しなければ給付金は受け取れないということになっているらしいです。

う~ん。なぜ他でETCを購入しても給付金が受けられないのか、意味がわからないのですが・・・。

それでホンダ純正のETCをあきらめ、一般電化製品企業のETCを買うことにしたわけです。




それで、そのスーパーオートバックスに行ったわけですが、そのETC購入受付に行ってみると、同じようにETCを購入しようという人たちで長蛇の列。。。



ここで約1時間待たされました・・・・・・。


いよいよ自分の順番が回ってきて、店員さんの話で冒頭に・・・・。



「店頭にも、メーカー側にもETCがない!入荷も未定。。」



・・・・とのことでした。

3月31日までにETCの取り付けができない場合は、助成金が受けられないとのこと。

今日は3月17日なので、締切までは31日までまだ2週間あるわけですが、その店だけでもすでに待ちが700人いるとのことで・・・。

現時点でもすでに31日までにETCを取り付けることはほぼ不可能らしいことが、何となく店員の言葉の流れから伝わってきました。「できる」と答えて、万が一「できなかった」場合の対策という気もしますが・・・。

1時間も並んだことだし、商品の予約をして帰ってきましたが。。。。




この助成金を支給するにあたって準備不足な感じはとてもしましたね。販売する現場も、行政側も・・・・。そりゃ5000円も助成したら殺到するのは予想できたはずなのに・・。

そもそも、なんで助成金を支給するのを、カー用品店とトヨタの販売系列のみで購入した場合に限定したのかというところが僕にとっては全く納得いきません。

場所を選ばずETCをすれば誰でも助成できるようにすれば、まだ今回ほどの混乱ぶりはなかったと思いますが・・。



実際に必要な経費として、

ETC本体で1万2000円ほど。取り付けで5000円。ETCのセットアップ料金が2500円くらいかかります。ちなみ、ETCはコレを選んできました。

それでそのうち5250円を引いた金額が、自分で払う金額なのですが、2回分割払い以上のクレジットでの分割支払いが助成金を受ける条件の一つです。

そんなわけで助成があっても1万5000円くらいは払わないといけません。



それでも高速をそこそこ利用する人にとっては絶対に安くつくわけなんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.11

エムピウのペンケース

今まで使っていた愛用のペンケースは中学生から使っていたもので、使い続けてかれこれ20年になります。



さすがに600円ぐらいのペンケースを20年も使い続けてくるとさすがにガタが来ていて、

もうそろそろ引退の時期だなぁと感じていたのですが・・・・・・、

とうとう、3年前からジッパーが壊れてきてもう限界に達してきていて、買換えを考えていたものの。

いざ買い換えるとなると・・・・、

ぜひ欲しいと感じさせるペンケースがなかなか見つからなかったわけです。

自分なりに、文具にはなかなかこだわりのある人間なので、ペンケースは長く使うものだから、高いお金を払っても長くて良い物を持ちたいなと思い始めていたわけです。





ところが・・・・。

最近見つけたんです。ついに欲しいペンケースが・・・・。



そんなわけで、本日銀座の伊東屋で買ってきました。

Dscn1427


















m+(エムピウ)という皮小物のブランドのペンケースrotolo suede。

このペンケース、ペンを入れるんじゃなくて・・・・。

巻くんですよ。一枚の皮を巻物のようにくるくる巻くんです。

そしてペンを収納するという、一風変わった作りになっています。

巻くとこんな感じになります。

Dscn1428















このデザインがなかなか面白いと思いました。

長く使えば使うほど味が出る皮製品の良さに,最近虜になっております。

皮製なので値段はペンケースにしてみれば高いです。

飲み会1.5回分くらいです。そう考えるとそんなに高くないか・・・・。



それにしても僕の文具に対するこだわりが爆発したペンケースになりました。

ファースト・インスピレーションで気にいったペンケースに出会えてとても満足しています。

こういうのも“出会い”なんですよね・・・。





けれども、どこかでパクられないか少し心配しています・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.10

やっぱり神楽坂

昨日はfMRIの実験があったので午後過ぎに大学に行きました。

自分が被験者なわけではないのですが、いちおう様子を見に行こうと思い少し顔を出してきました。



その後、秋葉原のヨドバシカメラに行って、前に書いた 電子辞書を物色に行ってきました。

SR-A10001は店頭には展示してなかったのですが(普通はおいていないらしい)、店員さんの話を聞くと、どうやらセイコー製のSR-A10001の方がお勧めとのことでした。検索機能に関しては、SR-A10001の方が優れているとのこと。

今まで、カシオの方がよさそうだなと思ったのですが、もう少し考えてみようと思います。

けどカシオのはいまいちデザインが好きじゃないんだよなぁ。

そういや先輩から小耳にはさんだのですが、iPODTouchをカスタマイズするという方法もあるようですが、う~んどうなんでしょう。これは、他の情報源(ウィキペディアなど)も閲覧できたり、一台でビデオや音楽も聞けたりするという利点がありますよね。

う~ん。考えるとますます迷ってしまいますなぁ。




夜は後輩と神楽坂でご飯を食べてきました。

去年は、勉強で忙しくてなかなかいけなかったので、久しぶりの神楽坂。

街自体が上野とか渋谷とかと違っていてとても落ち着いた感じがイイです。

通りから一本中に入ったところにいろいろとお店がある奥ゆかしさ(?)が僕好みで、

やはり大人の街って感じがしますね。

今回行ったお店も1年ぶりぐらい行っていませんでしたが、

料理もうまかったし、話もとても弾んで、7時過ぎから0時ごろまでずっと話していました。

長居した割にはあんまりお金もかからなかったのでなお良かったです。

別にあんまり注文しなかったわけじゃないですよ・・・・・。



そんなわけで、あっという間でしたが楽しい夜でした・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.15

奥多摩ロケ2

今日は6年生は医師国家試験の真っ最中ですが、

・・・・そんなことを口に出すほど恥ずかしいほど、今日は馬鹿なことをしてきました。

今日は2月の週末と変わらず、演劇部の映像のロケ日。先週の金曜日に撮りきれなかったロケを奥多摩でしてきました。

Okutama2_2


















そのロケとは、奥多摩の竜神の滝というところで、滝行(水行)をするというシーン。

裸で布一枚を纏い、滝の中に入りひたすら水行をするという、この時期のことを考えるとかなり挑戦的、かつ無謀な試みをしてきました。

三十路にしてとてつもなく体を張ってます・・・・・。

ただ、昨日今日と比較的暖かかったのが救いで、なんとかやり遂げました。

水を浴びるのは大したことないのですが、滝から出てきたあとは末梢が冷えてやはり辛かったですね。

演出からは「過去、現在、未来を思い描きながら水を浴びてください」とのことでした・・・。



しかし、こんな馬鹿なことができるのも今しかないと思うと、こういう機会に恵まれたことに感謝してしまいます。

しっかりとみんなの期待に応えることができたので、まぁ良かったかなと。



ロケの後に、奥多摩にきた他の男子部員も先輩の国試合格祈願をするために僕の後に水行をすることになりました。ちなみに研修医の先生もついでに浴びてくれました。

その時の写真です。

Okutama2_1_2















この滝には新興宗教の修行場らしく、時々警察が監視しているということを村役場の観光課から聞いていて、

「そんな人には気をつけよう。」と皆を話していたのですが、

他の人からみたら、こんな意味不明なことをしていたうちらが新興宗教の信者に見えたんじゃないかと思います。

その後は、温泉に入って、調布で焼肉を食べて帰りました。

とても存分に馬鹿をして楽しんだ奥多摩ロケでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)