2006.02.20

「ガンダムは大人へのバイブル」

ガクト:「ガンダムは大人へのバイブル」

Gacktが映画「機動戦士Zガンダム3-星の鼓動は愛-」のテーマ曲「Love Letter」を3月1日に発売する。この映画は、Zガンダム映画版3部作の完結編で、過去2作でもテーマ曲を歌ってきた。全3部のサントラCD「A New Translation Review」も同日発売。スポニチ本紙のインタビューにガンダムについて「大人になるためのバイブル」と熱い思いを語った。

 「1番好きな人にどういう思いを届けるかという歌。この曲は1字1句ムダがない」と言い切る。映画「Zガンダム」のテーマ曲を昨春の第1部から手がけてきたが、完結編の今回はこれまで以上に力が入る。

 優しい笑顔で僕にほほ笑む君が今も変わらずそばにいる--。「Love Letter」は自身の代表的バラードで、シングル発売に当たり再レコーディングした。

 ガンダムシリーズの中で85年のテレビ版「Z」は屈指の名作だが、主人公の悲劇的なラストがファンにトラウマを作ったと言われる作品。映画化に当たり「ポジティブに再構成した」という富野由悠季総監督が「Love…」を主題歌に選んだという。

 Gacktは「ガンダム以前のアニメは“正義と悪”を洗脳のように押し付けるものだった。でもガンダムは“君はどう思う?”と逆に投げかけてきた。10代を苦悩して生きる子供たちの哲学。大人になっていく過程でのバイブルだったんじゃないかな」とその魅力を語る。

 出合いは10代後半。「子供の頃はアニメをバカにしていた」というが、友人に勧められ、初めてビデオで作品を見た。

 人口が増えすぎて人類が生活圏を宇宙に広げ、「宇宙移民」が「地球連邦政府」に仕掛けた独立戦争から始まる物語。「子供には難しい物語」だったが、勧善懲悪ではかれない展開に感銘を受けたという。

 「“正義”という言葉がガンダムにはよく出てくる。現実世界でもそうだけど、それが本当かどうか誰が判断する?僕は自分の中に真実があると思っている。そして自分がやること、すべきことは間違ってはいないと思う。今の時代の人間に、正しいか間違っているかは分からないと思う」

その独特の感性がガンダムの世界観にフィットし、作品を盛り上げる

from 毎日新聞(Web版)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.23

ホリえもん逮捕!(ついでにマスコミ批判)

本日は通常通りに大学をこなし、夜からは心肺蘇生の練習。

大学の先輩から今日の夜に放映されるドキュメント番組でうちの大学病院とその中で働く看護師さんのドキュメント番組があるというので、急いで帰ってみると、

ホリえもん 逮捕!!!!

てな~。

これで、見事にお目当ての番組がお流れになってました・・・・・・・・・。

そんな感じでどのチャンネルもホリえもん逮捕ばっかし。ライブドアの執行部関係者は一網打尽って感じですね。もうライブドアの存続は厳しいんじゃないかと個人的には思ってます。

外資がM&Aでライブドアを狙っているらしいですし・・・・・・・・・・。

M&Aで規模を急拡大させたライブドアがM&Aで消滅しちゃうんでしょうか?

世の中皮肉なもんです。

仕事の遅いイメージがある東京地検特捜部ですが、今回は異常に早かった感じがします。

民放TVマスコミ達は、手のひらを返したかのようにホリえもん叩きを展開しているように感じます。特に気がついたのが、やたらめったら

堀江容疑者

必要以上に連呼していること。我々にやたら堀江容疑者というフレーズを刷り込ませたいらしい。一年前はあんなにホリえもんをフィーチャーしていたのにね。

報道でさえもその内容を自局の商品価値としかみていないんじゃないかと思います。

その報道には品性のかけらも、ジャーナリズムの意気込みも感じられませんね。

まぁいっつものことですけど。毎回報道の拙さにホンと観ていて情けなくなります。

またまた扇動報道ですか?? 別名 洗脳報道・・・・

観てて、頭が痛くなってくるのでさっさと他のことでもしよーっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.17

ライブドア証券取引法違反

昨日、ライブドアに東京地検の家宅捜索が入りました。

容疑は「偽計取引」と「風説の流布」だそうで・・・。

新聞の内容を読んでいて、その捜索を行ったタイミングと容疑に“何か”他の力が働いているのかもしれないと思いました。こういう容疑が浮かびあがってくるということは何らかのリークがあっただろうし、近年のマスコミに登場するライブドアの話題性というのも今回はマイナスの要素になったのだろうと思います。

けど、こういう感じで本業とは別の部分で“ワキ”を突かれるようでは「経営者」としては軽率だなぁとも思います。けど経営者って大変ですね。

以前、ある人から、如何に法の網をかいくぐって利益を上げるのも経営者の能力の一つでもあるということは聞いたことがあります。ただ、今回のことを聞く限り少しやりすぎたのかもしれません。

昨日、その強制捜査を聞いて、「明日のライブドアの株価はストップ安だなぁ~」と思っていたのですが、やはりその通りになりました。特にライブドアのような、話題性のある銘柄は個人投資家(特に株をやり始めたばかりの人)多いので、すぐにマスコミの報道に左右されるという、時には長所でもあり短所でもある点があります。700円弱だった株価がー100円も下がりました。多分、今後1週間は下がり続けると思います。

というわけで・・・・・・・・・・・・。

今日は午前中で授業が終わりだったので、午後から新宿の証券会社に行って、担当者の人からライブドアの今回の事件の株価の影響を聞いてきました。その時も株価は下がり続けてましたけどね。

ちなみにライブドアの株は一時期持っていたのですが、夏に全て売り払っていたので、株価が一気に下がることを見込んで、また買ってみようかなぁという思いはあるのですが、それなりに自分でしっかりと見極めたいと思ったので、今回は情報収集だけをしてきました。

おそらく、ホリえもんは今回の容疑によるかどうかはわかりませんが、それなりに立件までは行くんじゃないのかなぁというのが現時点での感触です。前に書いたようにそれなりの“力”が働いているのなら、どんな些細な罪状を用いても立件するだろうし、今回の事件で企業イメージは必ずマイナスになるので、業績にも響いてくるでしょう。上半期の決算に注目です。僕が具体的に動き始めるのはそれ以降かもしれません。

大きく株価は下がるのは間違いないかもしれなけど、以前のようにすぐには上がってこないかもしれません。

もう一つ思ったのが、日経全体でも株価が全体的に下がったこと、その下げ幅が予想以上に大きいのにビックリしました。個人投資家が非常に多くなったという影響が今回のことで証明されたような気がします。報道に過敏に反応しする程度が以前より大きくなった感じがします。気のせいかなぁ~?

ちなみに僕は基本的にTVの報道は疑ってみますから、あまり参考にはしません。

とまぁ、さえもん的お金の話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.10.10

パキスタン地震

どうやらパキスタンで地震が発生しました。

マグニチュードは7.6だとか・・。たぶん暫定値なのではっきりしたことはわかりませんが、

このカシミール地方で発生し得る地震では大きい部類になると思います。

http://earthquake.usgs.gov/eqinthenews/2005/usdyae/

http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/Jhome.html

とこで地震の情報を知ることができます。

おそらく地震波形から得られた解析結果から、活断層が逆断層方向にずれて起きたものです。

死者が現時点で1万9千人を越えたとか・・・・。震源深度が浅いのが災いしました。

パキスタンなどのこの地域では建造物は日干しレンガもしくは耐久性に乏しいコンクリートで作られます。この文化圏での地震による死傷者の多くは崩壊した建物の下敷きになるケースが殆どです。

続きを読む "パキスタン地震"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.15

D.A.I 解散!!

いまウェブでニュースを読んでいて驚きました。

Do As Infinity が解散だってぇぇぇえ~~~

ただただ驚きです。いきなりの発表でしたね。

最近の歌は聴いていて、「???」と思うことがありましたが、昔の曲はものすごく好きで、今もよく聴いてます。

それにしても今月末までって早すぎないか?

レポート書きで疲れているのに、さらに疲れそう・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.05

記録的大雨!!

僕の家の周囲は夜から降り出した大雨で大変なことになってます。

妹を迎えに行こうと駅まで車で行こうとしたら、中央線の高架下の道路は全て冠水していて、全て通行止になっており警官が立っていました。見ると、高架下はまるで湖のようになってました・・・・・・・・・・・。

そんでもって大回りして青梅街道という幹線道路に出たら、車で大渋滞・・・・。

何とかして妹を迎えに行き、

家に帰って、TVでニュースを見たら、近くの川が氾濫しているという情報が・・・・。

町内が床上浸水しているマンションがあるらしいです。一応、住んでいるマンションは同じ町内でも高台にあるので、浸水の心配はないと思いますがちょっと慌てました。

短時間の大雨には注意しなけりゃいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.24

駒大苫小牧高での暴行事件

駒大苫小牧高での暴行事件についてです。

今年は結構、高校野球を見ました。もちろん、駒大苫小牧高校の試合も鳴門工戦や大阪桐蔭戦も最初から最後まできっちり見ました。彼らの伸び伸びとしたプレースタイルを見て、かなりの好感を持ち、密かに応援していました。

で、いきなりふって湧いたような今回の事件です。正直驚きました。

というのは事件自体ではなくてそれに対する反応に対してです。

続きを読む "駒大苫小牧高での暴行事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

見学の感想

20050821111419.jpg

このヘリコプターは輸送用で、CH-47Jという気体です。

ロープの先に人がぶら下がって上昇しているところです。砂埃が、もろに観客席に来ました。これも普段は体験できないことです。

この後、戦車、自走砲、歩兵を利用しての基本的な戦術的攻撃演習を実演してくれました。

それはそれは凄かったです。関係者の方々、全くお疲れでした。

多くの場面で攻撃されたら悲惨だなぁと感じることもあったけど。。。。

昼には演習は終了して、帰途につきました。時間的には2時間ほどという短いものです。けど内容はかなり濃いです。

帰りは演習場から最寄駅へいくシャトルバス待ちで一時間以上も待たされました。もうヘトヘトです。もう少し、こういう面での気配りは欲しかった気がします。

あと思ったことは、やたら年配の方が多かったこと、6,7割が老人の方ばかりでした。これはどうして何でしょう。父母会やOBの方が多かったからでしょうか?将来のことを考える意味でも、もっと若い人達に見てもらうべきだと思います。なんだか、老人たちが身を乗り出して見る姿にとっても違和感を感じました。何ででしょうかね?もっと、チケットを一般の方に開放して、縁のない方に見てもらうべきだと思います。

けど、結論的には、見学できてとても良かったと思います。明らかに現在の日常とは違う世界を見れるし、平和であることの大切さを実感できると思います。基本的は非常に冷静に見れましたが、無言の恐怖感みたいなものを自分で感じていたような気がします。しかし、このような視点で見てみるのも無駄じゃないと思いますけど・・・・。

明らかにふつうでは出会うことのできない世界だと思います。

これで、僕は海上、航空、陸上の各自衛隊の見学を一応制覇することができました。

僕は個人的には海上が合っているような気がしましたけど。

また来年も行けるみたいなので、機会があれば行ってみたいですね。

来週も同じ演習かありますがそれはTVのにゅーすでも報道されると思います。

一週間の先取りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九〇式戦車その2

20050821122532.jpg

九〇式戦車の写真その2です。停止しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九◯式戦車

20050821112422.jpg

陸上自衛隊の誇る九〇式戦車です。

その迫力はものすごかったです。120mm砲を撃つとものすごく大きい発射音とともに観客席まで衝撃波が伝わってきました。

移動速度も思った以上に速かったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧