« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.28

tsunami

土曜日に発生したチリ沿岸沖の地震で日本にも津波がやってきました。



今日はこの話題で、東京マラソンの話題をかっさらっていきましたね。

日中に津波が到達したこともあって、映像で津波の現象を観察できるまたとない機会となり個人的にはとても勉強になりました。

津波って必ずしも大波がくるわけではないんですよね。場所によるとは思いますが、今回日本でみられたように潮位がじわじわと上がっていくのがむしろ一般的なんじゃないでしょうかね。 波ができるかどうかは沿岸部の地形に依存するので・・・・。



津波は英語でも“tsunami”と言いますね。それくらい日本では研究が進んでいます。

今回は1mそこそこなのですが、ちょうど50年前の1960年に起きたチリ地震では同じように三陸に津波がやってきて150人ぐらいの死者行方不明者が出たりしました。


日本は津波によって地震での死者以上に多くの犠牲者を出していたりします。

記憶の新しいところでは1993年の北海道南西沖地震で奥尻島が津波に襲われたり、また明治時代の1897年には三陸沖で発生した地震による津波で2万2000人が行方不明になっていたりします。その時の津波の高さは34mもあったというから驚きです。

しかし、なんと言っても2004年のスマトラ沖地震の津波では25万人を一気に流しさりました。


そんなわけで、今回の津波到達でも念にも念をいれているなぁという印象はうけます。前に述べた苦い経験がありますからね。

しかし自然は奥が深いもので時には、予想だにしない結果を招くこともあるわけで、そのためにも念には念をいれた避難対策はしっかりとやっておくべきでしょう。




最近ではシュミレーションでかなり高い精度で津波の予想到達時刻とその予想水位は計算で導きだすことができます。

津波は海の深度が深ければ深いほど、その速度は上がっていきます。

前の大学であった津波の講義で忘れられない式があって、

津波の速さは、重力加速度と深度の平方根で表現されるのです(ただし沿岸部は除く)。

63b7da99f45b0a29ea2a9ef22f9cd687_2

「へぇ~。こんな簡単な式なんだなぁ~」

ということを思ったのを今でも覚えていたりします。


津波は非常に奥が深い自然現象なんですよね。 うむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実習も佳境を迎え

今日も実習があって、今日で1週間の老年内科の実習が終了しました。

来週は病理で1週間、再来週は泌尿器科の実習で、長かった1年間の病院実習も終わりとなります。

気分はその後の総合試験の勉強と心は移ろいつつありますが、自分の実習に対する姿勢として最低限のことはしっかりとやろうと思います。


1年も実習をやっていると、臨床の現場にも慣れ、その慣れがいい意味で実習自体を面白くさせてくれるものです。

それなりに患者さんの症状や所見から、自分なりにいろいろと病態を予想して、どういう疾患を疑わなければいけないかということが最近特に考える癖がついてきて、そんな思考回路がスムーズになってくることで臨床の面白さを実感できるようになります。

最近特に思うのが、基本的で単純な検査や所見がとても大切だということです。

それを実習を通じて実感できただけでも自分にとってはめっけもんだなぁと思います。




まだ実習を通じて考えたこととしては、実際に働く自分を想像してみたりもしたわけです。

その中で得た結論としては、研修は大学病院でしようと決心しました。

そこは人それぞれの考えがあると思うのですが、直感的に大学病院で研修することが自分には一番成長できるんじゃないかと感じたわけです。 勢いに任せて早く決断しがちなのですが、まぁそういう決め方もいいんじゃないかと思います。 必ずしも自分の考えた通りにならないのが世の常ですから、いろいろ考える分だけ浪費にすぎないんじゃないかとも思うわけです。まぁある意味、ノリですかね。

まぁ市中病院は見学もしていないのでな~んにもわかりませんが・・・・・・・。


すっかりと東京人に染まりつつあるこの頃なので基本は東京を考えていますが、やはり関西人に憧れて、血迷って関西に戻ったりする可能性もなきにしもあらずです。 なんせ自由人ですから・・・・。



まぁそこらへんは4月からじっくりと考えようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.26

金の金

この題名を、

「キムのきん」と呼ぼうが、「きんのキム」と呼ぼうがそれは読む人の自由ですが、

僕は「きんのキム」ということで題名をつけました・・・・・。ちなみに意味はないですがね。



今日は女子フィギュアのフリー演技があり、その最終組が始まったのは午後1時頃でした。

みなさんはどこで何をしていたでしょうか?

ちなみに老人科の医局で先生たちとみてました。。。。。

生中継で観ることができて幸せでした。老人科で良かったです。



・・・・いや、キム・ヨナの演技圧巻でした。これぞ女王の貫録というのでしょうか・・・。

真央ちゃんには残念ですが、観た人全てがキム選手の演技を観て、金メダルを納得したのではないでしょうか。

明らかに今回の女子フィギュアは2大巨頭対決という構図が出来上がっていました。

その2人に焦点を当てたとしても、この差は大きかったと思いました。

今回のフィギュアでは採点が物議を醸し出していますが、

「何を魅せるか」が大きなポイントだったと思います。



ジャンプという競技技術にこだわり、その前後の演技を捨てるのか

ジャンプを捨てて、その前後の演技に力を入れて、全体の演技の流れを自然に整えるのか



この2点で、二人の演技の魅せ方はとても対照的だったのではないかと思います。

今回だけにとどまらず、オリンピックは後者が重視されてしまう傾向があるようです。

これについては採点にケチをつけたところで何の意味もないので、これ以上は言いませんが。。

僕は後者がやはりフィギュアの魅せ方なのかなぁと思います。あくまで主観ですが。。。。



しかしオリンピックでも二人の好不調を象徴した演技だったような気がしますね。

それにしても今年のキム・ヨナは手がつけられなかったです・・・・・・。

まるで氷上では別人のようで、穴のない演技とその表現力は追随を許しませんね。確かにジャンプは3回転が最高ですが、着氷から次の演技にスキがなかったです。

そして効果的に出してくる腰と肩のくねらせるような動き。「自分の魅せ方を知ってるなぁ~。」と唸ってしまいますね。




まぁ総じて、2人の天才の演技をオリンピックという場で見れたことに素直に感謝したいと思います。

多分この2人を超えるような対決はみれないような気がしてなりませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.17

104


今は集中治療室で実習をしています。。。。


今日は急性心筋梗塞で入室した患者さんのPCIをたまたま見れて、急性期治療を見学でき、胸が熱くなりました。

心カテをみると、循環器救急もいいなぁと思ってしまいますね。

そんなこんなで集中治療室はなかなか楽しいところです。


先週の土曜日から3日間で104回医師国家試験がありました。

どうやら必修が難しかったそうで。。。。。  今年は悪問揃いという噂を聞きました。

う~む。合格率が気になります。




そんなこんなであと国試まであと一年なんだなぁと思った次第です。

けど、まだ1年もあるという考え方もあります・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.14

オリンピックが始まった

どうもご無沙汰しております。


最近、このブログの存在を忘れていました。 いかんいかん・・・・。

定期的にちゃんと書かないとだめですね。

億劫な理由の一つとして、更新がなかなか不便なんです。ココログってのは。行間を整えるのにタグを打ち込んだりしないといけなかったりするんですけど、それがめんどくさくなってきました。

・・・まぁ、言いわけして自己弁護しておきます。


そういや昨日から始まりましたバンクーバーオリンピック。

何気に、地味に楽しみにしていました。

さっそく土曜の深夜はジャンプ・ノーマルヒルを観戦して夜更かししてみました。

冬のスポーツは個人的に縁遠いのですが、その分アツく観戦できるのもまた事実なのです。




今日は、スキーモーグル決勝ありましたね。

上村選手は残念でしたが、あの滑りの際に、TVに向かって叫び、そして試合後のコメントに胸がジーンと熱くなりました。個人的には泣きそうになりました。

本心から出た嘘偽りないコメントは多くの人の胸を打ったはずです。

もうそんな気分に浸れただけで十分なのです。

今日はこれでお腹いっぱいでした。

TVマスコミどもはメダルを気にしたがりますが、冬季オリンピックは地味に面白い競技が目白押しです。

オリンピックの醍醐味は、日頃放映しない競技を堪能できることです。



おススメは、ボブスレーと大回転、カーリングです。

寝不足よ。かかってこい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »