« イヤーノート | トップページ | 箱根の関所 »

2009.04.04

ひとを励ますとき

他人事だとわかっていてもほうっておけないことはあります。

別に恋人とかじゃなくても、心から気にかけてあげたいと思うこともあります。



落ち込んでいるひとを励ますとき、


<

 最初に相手の懐に飛び込む

 相手の話をよく聞く

 本音をさらして、腹を割って話す

 ・・・そして前向きに物事を考えられるように手助けしてあげる

 過去の自分の体験談を話す。自分だったらどうするのかとか・・・・。


 そして何よりも大切なのは、

 自分が相手にできることはないかを自分に問いかけてみる。


 あとは、その場での勝負。。


たとえ伝え方が不器用でもそれが吉とでることもある。


気持ちさえこもっていればね・・・・・。



何の関係のない会話でも、

そこから必ず何かが・・・・・、不可抗力的な言葉の力で、

話す相手を楽にすることができるはずだと思います。




言葉の力を過小評価してはいけません。。単なる伝達手段や道具ではないのです。


それは、30数年間生きてきてほぼ確信してきたことの一つです。



|

« イヤーノート | トップページ | 箱根の関所 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98537/44557837

この記事へのトラックバック一覧です: ひとを励ますとき:

« イヤーノート | トップページ | 箱根の関所 »