« 初めての弁当支給 | トップページ | 当直志願 »

2009.04.13

1年目の手紙

コチラのサイトでとりあえずやってみました。

ふ~ん。なるほどね・・・。最後の赤ちゃん言葉って・・・。

==============================================

さえもんさんの恋人からお手紙が届きました。

今日で付き合って1年が経ったんだよね。あっという間だったなぁ…。
ということで、今日ぐらいは自分の気持ちをしっかり伝えようかなと思います。何言われるんだって、ビクビクしてない?(笑)

何から書こうかな。この前さえもんの財布になぜかチリチリの毛が挟まってた話?(爆)
あれはかわいそうだからいいや、面白いけど。

ついこないだ、喧嘩したよね。
さえもんって電話に出ないことが多いから、私が「そんなの携帯持ってる意味ないよ!」って怒って、さえもんも逆ギレして…。電話に出ないことよりも、普段からさえもんは私のこと面倒くさがってるんだなぁと感じるから、私もそういうところでつっかかっちゃうんだ。さえもんはあまり私に興味ない気がするよ。

いきなりこんなこと言うのもなんだけど、さえもんって、最近どんどん私への興味が薄れているよね?もともとさえもんは自由人だし、私の思い通りになるような人ではないと思っていたけど。それにしてもさえもんの付き合い方がこんなに適当になっていくなんて、想像もしていなかった。悪びれず「明日友達と遊ぶからおまえと会うのキャンセルな」とか言うもんね…。

私はもっとさえもんに興味を持ってほしいし、最近は本当に寂しい。でも私は他の男に気持ちが惹かれることもないし、やっぱり浮気も馬鹿らしくてしたくない。さえもんが私の気持ちをもっと分かってくれたらそれが一番なんだけどな。はぁ…。

あー、なんかさえもんのこと考えると、すぐ悪い方向にいっちゃう。もっと前向きな話題にするね。

これでもね、私はさえもんに感謝してるんだよ?
最初に会ったころ、いきなり私のこと馬鹿にしまくってたよね。「こういうタイプには彼氏できねーな」とか言ってたわりに告白してくるなんて、小学生みたいと思ったけど、嬉しかった。最初はさえもんが絡んでくるのがうざくて仕方なかったけどさ(笑)。

さえもんが言ってくれた「宇宙旅行が簡単にできるくらいまで、一緒にいられたら嬉しい。いつか月の上でもキスしよう」ってセリフを今も信じているから、私はこれからもさえもんと一緒に歩んでいこうと思います。生き延びてみせます。

これからも決して平坦ではないと思うけど、この一年間のように、お互いを信じて乗り越えていこうね。それと、二人きりになると赤ちゃん言葉でしゃべるのはやめてね(笑)。

ではでは、これからも末永くよろしくお願いします。さえもんがいてくれてよかった。ありがとう。

P.S.私の胸を掴んで「これがフォークボールの握り方」とかやらないでください。

==============================================

分析結果は、下の(続き)をクリック・・・・。
【こんな問題ありませんか?】

◆わりとモテるタイプだが、女性慣れしているとは言えない。
◆付き合った当初は一生懸命だが、わりとすぐ冷める。
◆付き合いは長いほうだが、自分から別れたくなるほうだ。

【分析と課題】

女性に慣れているとは決して言えず、女性に対し少し心理的な距離があるようです。それだけに自分の好意が相手に伝わり好感触を得たときには一気に気持ちが盛り上がるほうでしょうし、誰かから好かれているかもと気付いたときにも、わりと自分からも好きになりやすいタイプだと思われます。

付き合うことになれば、スタートはかなりのハイテンションになることでしょう。好かれるために一生懸命になり、相手のために惜しげもなく尽くすものと思われます。しばらくはラブラブな期間が続きます。

しかし、どこかで気持ちの折り返し地点が来るようです。少し気持ちが落ち着いたころ、例えばさえもんさんからのメールの量が減ったなどの理由から、相手が不安になり少し心に壁ができるのではないでしょうか。ほんの些細なことが気持ちの折り返し地点になり、少しずつお互いに気持ちが分かりにくくなり、さえもんさんが相手から責められる形がはじまります。

さえもんさんは、自由になりたいような、でも別れるのは悪いような、そんな気分の中で付き合いを継続するのではないでしょうか。「刺激か安定か」というテーマから抜け出せないことが、さえもんさんの最大の壁だと思われます。

【恋愛キーワード】

「柔軟」「自信」「女性への遠さ」「人情」「相手いらず」「ポジティブ」

【最後に】

さえもんさんは、しっかり者であり余裕もあるほうだと思われますので、あまり恋愛で困ることはないのかもしれません。しかもおそらくは「賢さ」を持っていて、自分の判断能力や生き方に自信を持っているものと思われます。

そんなさえもんさんにだからこそ、気が引けますが、さらに伝えたいことがあります。

我々は、恋愛をある程度体系立てて捉えていて、恋愛を日々研究してきました。そしてそれら知識を皆さんと共有したいと思っています。「英会話」を学ぶときに、文法や単語知識などを同時に学習したほうがはるかにスキルアップが早いように、恋愛もただ経験しているだけでは何十年もかかるものが、学習を同時に行うことで1年や2年という時間で身に付くと考えています。

恐らくあらゆる方面で「人並み以上」であるさえもんさんにとって、「恋愛」というジャンルの知識はまだまだ未開拓ではないでしょうか。さえもんさんが恋愛に困っていなくても、我々は、恋愛学習にお付き合いいただきたいと思っています。

|

« 初めての弁当支給 | トップページ | 当直志願 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98537/44662797

この記事へのトラックバック一覧です: 1年目の手紙:

« 初めての弁当支給 | トップページ | 当直志願 »