« みとまサンタに出会った日。 | トップページ | 大江戸でだらだら »

2008.12.26

氣力

今夜はNHKアンコールドラマ「フルスイング 」をついつい見てしまいました。




名伯楽と呼ばれた野球コーチから心機一転して高校教師となり、1年の高校教師生活のあと、膵臓癌で亡くなってしまった、実在の人物をドラマ化したもの。



・・・・・・ほんとにいいドラマでした。観てないヒトはぜひ見るべきでしたね。

今日は第5話と最終話をやってました。かなり感動しました。

教師ドラマは基本的に好きなんですけど、このドラマのような熱血ドラマは特に大好きなんです。

癌と診断され、治療が必要になっても、赴任した時の約束を守り教え子たちの卒業式に出席し義理を果たし、最後のホームルームで自分が癌であることを告白するシーン涙なしにはみれませんでした。その時に言う言葉がこれ、



“氣力とはあきらめないこと”


「…ワシはな、諦めん気持ちこそ、氣力じゃといいたい。

      諦めちゃいかん。ワシも、皆んなもじゃ。

      九回裏、ツーアウト、ランナーなしでも、

      何点離されておっても、諦めん気持ち、それが氣力じゃ。

      氣力はな、人を思う事で強くなる。思われる事で、もっと強くなる…。

      もうダメだ…投げ出そう…そう思うことが何度もあるだろう。

                けどそういう時に、この言葉を思い出してほしい。」 



こんなことを生徒の前で言っていたのですが・・・・、

良い言葉です。もっと相手を思うことで強くなるってのがいいです。

自分のことしか考えない世の中ですからね・・・・・。


なんだか自分に言われているようで・・・・・画面から目をそらすことなく、ついつい目頭が熱くなってしまいました。

自分はホント感動しやすい性格だなぁと、、、半分あきらめ気味なんですが・・。





生きることに必要なことって別に頭が良いとかそんなことじゃないんですよね。

生きる中での泥臭いほどの“粘り”が何よりも大切なのかな。そういうものはなかなか自分でもわからないものです。


ああいうことが人前で言えるに値する人間になりたいものだと思いました。






ちなみに今日は0時頃に予備校の友人に呼び出され、そいつはポリクリの勉強を僕は夜中のファミレスで“こあかり”解いてました。

真夜中のファミレスもなかなかオツでした・・・・。

|

« みとまサンタに出会った日。 | トップページ | 大江戸でだらだら »

ドラマなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氣力:

« みとまサンタに出会った日。 | トップページ | 大江戸でだらだら »