« 当直実習 | トップページ | ニコンD60 »

2008.09.01

突然の内閣辞任

今日から9月になってしまいました。

夏休みも今週の木曜までで、金曜と月曜に総合試験というテストから2学期が幕開けします。

なんとも感じの悪い始まり方ですが・・・・。





今日の福田内閣の唐突の辞任。

これを「無責任」とか「投げ出し」という捉え方は、その辞任という情報が受け手にとって、どのような形で伝わるかによって変わってくるので、一概にそう割り切ってしまう批判は短絡的だとは思いますが・・・。



TVを見ていて、いきなり記者会見への中継になり、辞任報道ですから、正直驚きました。

辞任表明の記者会見を見ていましたが、なんともはっきりしない論点でした。

辞任の真意はもっと他にあるんじゃないかと感じました。



まぁ、この一年の政局を見てきて、すっきりとは行きませんでしたからね。

これまでの、馬鹿な政治家や官僚の尻拭いに追われた揚句に、経済不況が鮮明化してきているこの時期ですからね。何事も後手後手に回ってしまいました。

明らかにイニシアチブ不足が露呈してました。「調整型」のトップダウンではこの異常事態は乗り切れません。

党内と野党にイジメられて大変だったんじゃないかなぁと同情はしますし、たぶん福田さんでと現時点での取り巻きの顔触れでは、これからの政治、経済の予想される難局には力不足だろうと感じていたので、いい潮時なのかなぁと率直に思います。

これで解散総選挙も伸びるはずなので、民主党にとっては足をすくわれたというかにでしょうか。



多くの人が福田さんに限界を感じていたはずなので、別の論点で無責任論や投げ出し論と持ち出すのは、その批判すべきポイントが違うと感じます。



こうなると次は麻生太郎の登場ですかね。

|

« 当直実習 | トップページ | ニコンD60 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98537/42350578

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の内閣辞任:

« 当直実習 | トップページ | ニコンD60 »