« 学士飲み | トップページ | 経験とそれ相応の知識 »

2008.06.09

社会とひとの闇

昨日の秋葉原の通り魔事件、衝撃的でした・・・・。




時たま模型を買いに立ち寄る秋葉原ですが、犯行現場は人通りのとても多い場所で、何回か行ったことのある人ならすぐにわかるところです。

そして、一人の自己中心的で身勝手な犯行によって、全く関係のない7人の人命が奪われてしまったわけで、その不条理さに誰もが怒りを覚えることでしょう。

僕も多くの人が抱く感情に大差ないことと思います。むしろ大きいかも・・・・。

そして多くの人が同様に感じていることでしょうが、個人的な動機でここまでの犯行を起こしてしまう、人間の闇の不可解さにえもいえない恐怖を覚えます。

正直、ここまでの犯行をしてしまう精神状態がよくわからないのです。

おそらく、この気持も多くの人が共感を抱いてくれるのではないでしょうか・・・・。




しかし、僕はこうも思うのです。

これは犯人の個人的な事情から端を発し、完全なる個人的な感情によって今回の犯行が行われたわけですが、、、、これは彼自身だけの個人的な問題による非常に特異な事件なんだろうか。

確かに彼自身の特異な事情の部分も小さくはないと思います。

しかし、この事件、、、だけに限らず最近頻繁に起こるよく似た一連の事件は、もっと深い社会の闇が見えてくるような気がしてならないのです。

一見煌びやかな社会の一方で、非常に暗い一面が徐々に大きくなっていくような漠然とした不安な社会が確実に忍び寄っている気がします。

それが、二次的に教育や生活に影響を与え、人を世間というフィルターの中で徐々に歪ませているのではないか・・・・。

僕はそう感じるのです。




けっして、犯人のような感情を抱いているのは彼だけではない気がします。

社会からの隔絶感が、自分の中での独自の世界観を徐々に作り出し、孤高で独りよがりなその世界観が平衡感覚を見失うとき、人は漠然とした対象に怒りを覚えると思います。

それは怒りのやり場に特定対象を作れない、人の弱さでもあるだろうし、虚勢じみた強さだとも思うのです。

こんな屈折した感情を抱えている人は社会に多く潜んでいると思います。

難しい話ですが、今回の事件は表面的で余裕のない社会の産物であり、単なる氷山の一角に過ぎないでしょう。

おそらく将来は、今回の事件のような、犯人自身の個人的な事情による身勝手で自己完結型の犯行は間違いなく増えてくるでしょう。

そして、犯人とは何にも関係のない人が殺されていくのです。




気がつくと、こんな社会になってしまっていたんですな。

その原因は何でしょう? 物質的な豊かさや、とある感情の欠如、人と人との距離感・・・・、数え上げればキリがないですね。

その総体として“今”という世の中があるのです。




僕なりに喩えると、




“かなりピンボケした、しかし色彩は煌びやかなんだけど、その実体は掴めない”社会




僕にはそう見えます。

そういう意味で否定的にしか、今の社会を感じられないのが、とても悲しいです。




今回の事件でそんなことを考えてしまいました。

|

« 学士飲み | トップページ | 経験とそれ相応の知識 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98537/41485205

この記事へのトラックバック一覧です: 社会とひとの闇:

« 学士飲み | トップページ | 経験とそれ相応の知識 »