« 一匹狼に憧れて。。。 | トップページ | 「災害医療」 »

2008.04.16

長寿医療制度について思うこと

4月から始まった「後期高齢者医療制度」改め「長寿医療制度

この法律がいつ可決されたのか、全く知りませんでした。




今、政府叩きの一環でマスコミはてんやわんやと報道していますが・・・・、

「可決して施行されてから騒いでも遅いだろ!」

とマスコミのチェック機能のお粗末さにあきれるばかり・・・・・。




確かに、75歳以上に給付される国民年金から月額6000円を棒引きして膨張を続ける医療財源にしてしまうあたり、年金という高齢者の拠り所から金を吸い上げようという、取れるところから取るというその魂胆が許せません。

そして2年後ごとにその金額を見直すという逃げ道まで作っている。

将来の高齢者増加を見通した長期的な医療制度対策とはとても言えないと思う。やはり、行き当たりばったりの机上で決定した政策という感は拭えない。




そしてその引き上げた先の負担の先は医療従事者への負担増として丸投げしているだけ・・・・。

これで政策と言えるのか本当に疑問です・・・。というか、明らかにおかしいです。

団塊の世代が高齢者になろうとしている今のこの時期に、そもそも社会保障費を抑制しようとう考えがそもそもおかしく、社会的な弱者を救えないのならば、社会保障とは一体なんなのか?という感覚にとらわれます。

もっと先を将来を見通した医療政策を構築すべき。いつも後手に回り、根本的な部分にメスをいれることなく、帳簿のつじつま合わせるような、とりあえず的な政策しか出すことができない。

ほんと、霞ヶ関の役人どもは無能だとつくづく感じます。




この国は最後は一部の弱者を切り捨てることは、過去からすでに染みついている傾向なわけで、本当に信用ならない国だと、自分の国に対して本気にそう思います。




団塊の世代を両親に持つ、ロストジェネレーション世代としては本当に将来が不安でしょうがないです。

10年後、15年後いったいどうなっていることやら・・・・。

正直、不安というよりは、怒りがおさまらないさえもんでした。





明るいことと言えば、

今日、Perfumeの2nd Album「GAME」の初回限定版を手に入れたことかな・・・。

|

« 一匹狼に憧れて。。。 | トップページ | 「災害医療」 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そう、霞ヶ関は無能です。医療にしても、そして、バイオに
してもです。いろいろな法令を作りまくって、業務に支障を
来たし、結果、社会全体が低迷しました。ゲノムがああだこうだ
と騒ぎ立てはしましたが、結局、今年解散となりました。
理化学研究所のゲノムリサーチセンターです。

官僚達には、もっと現実を見据えつつ視野の広い分析を
お願いしたいです。呆けてしまうような難問を解ける人達に、
できないはずはないと、思うのですが。

それでは、失礼いたします。

投稿: ロスジェネ | 2008.04.17 22時14分

追加。

医学部の道、勝ち取ってくださいね!
応援しています!!

本当になりたい人が医者になるべきです!!
がんばれ!!

投稿: ロスジェネ | 2008.04.17 22時15分

返信の書き込み遅れてしまい申し訳ありません。
書き込みを読んでいて、同じような考えを持っているひとが自分だけでないことに少し安心しました。
確かに優秀な人達の集まりだと思うのですが、それゆえの欠点もあるのだと思います。
せっかく国を動かしているのだから、もっと大局的な視点に立ってほしいものですね。

あと激励ありがとうございます。
いちおう、医学部には通えています。
あとは人前で恥ずかしくないような医師になれるように精進している最中です・・・・。

投稿: さえもん | 2008.04.24 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98537/40898539

この記事へのトラックバック一覧です: 長寿医療制度について思うこと:

« 一匹狼に憧れて。。。 | トップページ | 「災害医療」 »