« 3代目はLet's note Y7 | トップページ | 多摩湖 »

2008.04.01

勉強会。そして責任を背負うこと

今年から第4学年になりました。

成績表もらいまして、可と良がひとつずつ。

けど満足満足。あくまで受かればいいのさ~。




ところで

今日はいろいろと準備してきた心肺蘇生の勉強会。

新2年生向けにBLSのバックグラウンドと少し発展した知識を知ってもらうために、後輩の新3年生にプレゼンテーションツールを使って小1時間講義をしてもらう形式。

去年は僕たちがしてなかなか好評だったので今年もしようという運びになった。




この勉強会の狙いは2つあって、

一つ目は新2年生にBLSの知識を植えつけるため。

二つ目は新3年生にプレゼンをさせることで、彼らなりに自らが勉強し、プレゼンを通して、相手に理解してもらう難しさを知ってもらうため。

やっぱ自らの知識以上に、相手に理解させることの難しさや大切さを実感してもらうことは勉強をしていく上で何よりも大切なことだと思うので・・・・・。




そして今回は新しい試みとして、外部からゲストを呼んで話をしてもらうということをした。

BLSやAEDの講習会でかなりノウハウがある国士舘大学の大学院生に大学に来てもらい、彼らが実際にしている講習会やその他の活動などを話してもらった。


別の日に事前に会って、簡単な打ち合わせをしたりしたけど、メンバーも彼らのアクティブな活動におおいに刺激を受けたようで、こちらとしては「してやったり!」という感じ。

たぶん、医学生という身分がどれだけ閉鎖的で、どれだけ自らの知らない世界が広がっているかを実感してくれたと思う。




今の時期からコメディカルの学生と交流を持ち、お互いができることできないことを把握することは、長い目でみれば(20年後、30年後)効率的でお互いにとってプラスになるような未来の医療をもっと良い方向に変えてくれるという淡い期待感があってのこと。これは自分ではなく若者への期待という意味で・・・。

閉鎖的な医学部であっても、他からみればそこにいる学生というものは期待されている部分もたくさんあって、その知識は自らのモノにできれば大きな武器になる。そのことを踏まえた上で、もっともっと自らの可能性を貪欲に模索して欲しいなぁと思って考えた企画。




やはりというか(特にうちの大学だけかもしれないけど)医学生は自ら可能性を伸ばす環境を知らなさ過ぎるということを個々に感じてくれたのではないだろうか・・・。



個人的に思うことは、今の年齢で現状の「居心地の良さ」に安穏としているようでは後先、広い意味での人間的な成長は望めないと思う。



少なくとも皆が皆わかって欲しいとは思わないけど、自分が責任者として預かっているこのグループのメンバーにはそういう可能性を提示していきたいなぁと考えています。

ま、そういうことが年長者として考えて、若者たちにやってあげられることの一つだと思う。

こういう企画はこれからもやっていこうと思います。




ちなみに今年もこの心肺蘇生のグループのボスとして頑張っていきます。

勉強会の飲み会でそのことを宣言してきました。

前例もなく異例の2年連続のボス宣言だったんだけど、みんなには歓迎されてホッとしました。



このことについて色々と考えました。

なぜに2年目もボスをしようと思ったかについてです。

去年一年間やってみて、色々と思うようにいかなくて大変でした。それは自分の責任だった部分もあると思います。

今年、無理やり誰かに後を引き継がせて、その責任を後輩の誰かに押しつけるようで、それこそ自分が味わった苦しみを押しつけてしまうし、また同じ二の舞を踏むことは歴然としていたわけで、それは「無責任」な行為だと思いました。

明らかに先輩のする行為ではないと感じたわけです。

何気に方向性が見え始めたこの組織の弱体化を招くと感じたのです。


このグループのボスは本来5年生がすべきだとこの一年間ボスをしてみて実感しました。

それでもあと1年足りないわけですが、しかし少なくとも僕があと1年間、ボスとして頑張り、しっかりとまだ新しいグループの枠組みや土台を作って、後輩などに引継ぐのが、自分に与えられた役割だと思いました(・・・・というか、勝手にそう決めたんだけど)。



そんなわけで大変だろうけど、あと1年間頑張りたいと思います。

苦しいことを楽しくできるのが他人にはない自分の何よりの長所だと昔から思っていることなんで。。。



皆が楽しんでもらえるような環境作りができれば、自分にとってもこの上ない幸せに感じることでしょう。




ふぅ。一仕事終えた感じだなぁ。




そうそう、あと一つは

医学部を目指したきっかけの一つでもある「災害医療」の勉強ができそうで、内心すごい楽しみです。

いちおうマスターまで地震も勉強してたわけで、そこで得た知識が「災害医療」や「防災」というキーワードを自分の中で想起させ新たなレールが引けたわけで、その知識をそこで何とか活かせる機会はないかなぁと考えています。



知識は万物の共有物。そしてまだ僕の知らない知識を吸収できれば。。と考えています。



残りあと3年しかないけど、まだ3年あると思って、やれるだけやってみようと思っています。

|

« 3代目はLet's note Y7 | トップページ | 多摩湖 »

「お勉強@大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98537/40726270

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強会。そして責任を背負うこと:

« 3代目はLet's note Y7 | トップページ | 多摩湖 »