« Pandemic flu | トップページ | 講義ばっか »

2008.01.17

13年

今日で阪神大震災から13年目を迎える。

この時期は、このことをふと考えることが多い。

そして、世の中に対して淡い期待感とやるせない失望感を何かにぶつけたくなる気持ちになる。






昨日、女友達と新宿で飲んでいて、

「今でも、震災のことが忘れられない」

と言っていたコトバが、心に残った。災害を実際に受けた人達の当時の記憶は、多少は風化するんだろうけど、大部分はいつまでも残りつづけるらしい。

やはり、実際に体験したことと間接的な見聞ではその受け取り方も天と地との差がある。






関東にきてみて特にそう感じる。






そして実際に体験してみると、改めてその人達の「側」に初めて立てる。そしていろんな事を考えるのだろう。

それまではあくまで他人事なのだろう。もしくはそんな余計なことは考えず、その立場でいたいのかもしれない。

こう考えてみると、いろんなメディア媒体が発達してきたけど、何一つ本質的なことを伝えられていないし、また受け取る側も感じれていないような気がする。

世の中なんてそんなもんだな・・・。

とずいぶん前からわかっていたけど、改めてそう感じてしまう。

今日は僕なりにせめて静かに震災のことに想いをはせようと思っている。






13年という年月は、体験者を成長させそして個人個人で消化が始まっているのかもしれない。

こんな記事(震災企画「あの日があるから」(1)自衛隊員になった少年)

を見つけた。




当時の少年が、震災に助けてもらい憧れた自衛隊員になるという話。

13年も経つと少年も大人になり、震災経験が個人の人生に昇華していくのだなぁと思う。

なんだか人らしさを感じさせるいい話だった。

この記事を読むとまだまだ世の中も捨てたもんじゃないなと思った。

考えることと実際に行動することは全然違うこと。

その純粋さが世の中で生かせることができたらどんなにいいことだろうか。

ある人が存在することで、誰かを励まし元気づけることができたらどんなに素晴らしいことだろうか。

僕の中で自己存在の目標としている領域だ。



地震発生まであと3時間ちょっと。

さすがに明日学校があるから寝ますけどね。

|

« Pandemic flu | トップページ | 講義ばっか »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98537/17722038

この記事へのトラックバック一覧です: 13年:

« Pandemic flu | トップページ | 講義ばっか »