« 深夜だけどレポートでけた | トップページ | レポートでケタけた。 »

2006.11.21

ウシガエルの断頭

いやいや・・・・、疲れた一日でした。





今日の生理学実習で「静止膜電位」の測定をしたわけなんですが、

静止膜電位とは、簡単に説明すると、

筋肉細胞の内と外での電位を測定する

という実習で、内外の電位は生きている細胞でのみ観察される現象です。

そのためには生きた筋肉が必要です。今回はウシガエルの縫工筋という太ももの裏側の筋肉を使うわけですが、その縫工筋は片足に一つずつあるわけで、それを取り出すために

ウシガエルをつぶすわけなんですが・・・。

ちなみに、

「つぶす」とは、すなわち「殺す」ってこと。





その殺し方がこれまた衝撃的で・・・・・・。





基本実験動物を殺す前に、普通は“麻酔”をかけるわけなんですが、

麻酔というのは、人間に投与するような「痛み止め」的な麻酔じゃないんですのよ。

「ピス法」と言って、生きたまま脊髄を破壊し、全身を麻痺させて、目的の臓器やら筋肉やらを摘出するわけなんです。そうした方が動物も暴れないし・・・・。




そんでもって、その脊髄をどう露出させるのかというのが、これまた衝撃的でして・・・。





ウシガエルの上顎をハサミでエイヤッ切り落とす・・・・・。





つまりをバッサリ切り落とすんです。





すなわち「断頭」するわけ。





そうすることで脊髄を露出させ、

その脊髄に針金を差し込んで、グリグリかき混ぜて。。脊髄を破壊する

というなんとも手荒い方法をしました。




「・・・・・・・・しました。」

とは言っても、僕はしてません。

そんなに心臓強くないです。

「こういう作業は若者がやれ!!」

と同じ班の若者達にやらせ、ボクは遠めに見てました。

・・・・・正直とてもじゃないけど・・・・・・ムリです





どんなに好きな子が「やって!」とボクに頼んできても

必ず拒否ります・・・・・・。

「そんなモン、自分でせえよ!」




と突き放しマス・・・・。



さらにさらにピス麻酔をするときに、

鳴くんです・・・・。カエルが。

その声といったら・・・・・もう耐えられないです。苦しそうな鳴き声を出すわけで。

かなりブルーになります。

そんで取り出したのは、たった片足から1本の筋肉なんですから・・・・。

生命科学の性なんでしょうかね。





小さい頃は、野山で生き物を残虐に殺してきましたが、



この年齢になると、そんなことにものすごい抵抗を感じます。




カッコ良く言えば、精神的に落ち着いてきたのかもしれません。

言葉を換えれば、フケた のかもしれませんね。

ふ~。

|

« 深夜だけどレポートでけた | トップページ | レポートでケタけた。 »

「お勉強@大学」カテゴリの記事

コメント

あぁ、そういえば去年私のわがままにより、
カエルのピスを1回お願いしたよね?
あの時、さえもんさんがキレ気味だったので怖かったのですが、
まぁ、いまさらになってその理由を理解しました。
あの時はごめんね。自分で観察するのだから自分でやるべきでした。

しかぁし、断頭作業は若者に限ります!!

投稿: つよぽん | 2006.11.21 23時35分

二人とも大人気ないなー
そんなんさっくりやりましょーよー

投稿: trp-yu | 2006.11.22 02時07分

若くても恐いデス…

投稿: ひっし | 2006.11.22 16時04分

>つよぽんさん
つよポンの代わりにピスしたのは大したことないけど、あのカエルの解剖以来やっぱ「殺す」のにはますます抵抗感が強くなりました。日常で間接的には動物を殺しているはずなんですけどね。矛盾はしてるんだけど、無駄な殺生はしたくないっす。

>trp-yuさん
さっくりやれるあんたは若者だ。

>ひっしさん
「若いね」と言われたかったらやりなされ。

投稿: さえもん | 2006.11.25 02時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98537/12773099

この記事へのトラックバック一覧です: ウシガエルの断頭:

« 深夜だけどレポートでけた | トップページ | レポートでケタけた。 »