« ポルトガル-フランス | トップページ | 明日の神話 »

2006.07.06

テポドンと竹島問題

昨日の日本はさながら、

北朝鮮ミサイル・パニック・デー

でしたね。

昨日、久しぶり民放の特番観ましたが、相変わらず、

日本語の使い方ができてませんでした・・・・・・・。

ど~せ。ミサイルきたところで日本の軍事技術では防げません。

まぁ国際社会の制止を振り切っての発射が大問題だったわけなんですけど、この問題は他国が色々とやってくれるでしょうし、別に日本がそれほどまでに頑張らなくてもいい気がするのですがね・・・。

そんなことより、

韓国の調査船が竹島周辺のEEZ(排他的経済水域)にタカるかの如く侵入する問題を何とかしてくれませんかね?   お役人さん。

これは他の国々は助けてくれません。韓国と日本のみの問題です。

こういう問題をしっかりと対処しておくことが、後々重要になってくると思います。

日本も後日調査船を送る

というかなり政府の後手後手な対処法に情けないカギリです。

もう少し・・・・、脳ミソに汗かいて考えて欲しいもんです。

李承晩ラインが公表された時も、竹島が占拠された時も、ほぼ日本政府は放置でしたからね。

ナメられまくりです。

韓国も北朝鮮問題の日本の対応を詳細に分析している気がします。それを分析して、自国の外交戦略に生かしているんじゃないかと・・・・・。

北朝鮮にもなめられ、韓国にも同様になめられてます。

ヤツラは

日本は軍事力を使えない もしくは、使わせない

という前提をもとに戦略を練ってます。歴史問題もその布石にしか過ぎません。

日本の外交ベタはいつ終わるんでしょうかね。やっぱ軍事と連動しない外交に限界があるのかもしれません。

|

« ポルトガル-フランス | トップページ | 明日の神話 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

軍事衝突しろと?

投稿: HIRAI | 2006.07.06 12時21分

売られた喧嘩は買うでしょ?

投稿: さえもん | 2006.07.06 21時50分

戦争になるぞ。戦争も外交手段の一つだから否定はしないが、
それを回避するために政治家や外交官は頑張ってるんじゃないか?
しかも日本は憲法で外交手段としての戦争をしないと明記してるし。

投稿: hirai | 2006.07.09 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98537/10807269

この記事へのトラックバック一覧です: テポドンと竹島問題:

« ポルトガル-フランス | トップページ | 明日の神話 »