« ドロー | トップページ | 脳神経解剖学実習(2回目) »

2006.06.20

脳神経解剖学実習

5月から講義が始まり、わずか一ヶ月ほどで講義が終了し、

いよいよ総仕上げの脳神経解剖学実習が今日から始まりました。

実際のご遺体を使わせていただいての中枢神経(脳と脊髄)を解剖しながら直に観察するという実習。

講義のスピードが速すぎて、理解が追いつかないこと甚だしいんだけど、今までの座学とは違って、実際に目で見て、直に触れることで、一気に脳神経の理解を深めていきたいと思います。もう一週間後にはテストだし・・・・。

今日は午後から18時までは班で実習があり、それ以後は個別に残って、実習で出された課題(スケッチ)を提出することに・・・・。

実習といえば、課題をこなすのが学年ワーストレベルの遅さのさえもんなわけですが、

今回もその例に違うことなく、

ワースト7ぐらいに入ってました。

その仕事の遅さで早く課題を終えた友達を待たせる羽目になりますが、そこんとこは多めに見てください・・・・。

まぁせっかくの実習だし、そんなに時間もないので、与えられた時間は精一杯自分なりに実習を有意義なものにしていきたいです。

しかし、やはりこういう実習を経験すると

「医学部はやはり特殊だなぁ~」

とつくづくと思ってしまいます。そういうヒトそのものを勉強対象にするという面で、一般の人が体験できないことをするわけで、こういう特異的な体験をしっかりと特殊だと認識することを謙虚に受け止めつつしっかりと実習をこなしていきたいと思います。

ある程度は慣れてしまうのはしょうがないとは思いますが、それに慣れきってしまわないようにしなければね。

そんなこんなで終わったのは19時過ぎで、帰宅したのは21時前・・・。

これからサッカーは見ずに、今日は脳神経の勉強しますよ。

|

« ドロー | トップページ | 脳神経解剖学実習(2回目) »

「お勉強@大学」カテゴリの記事

コメント

さえもんさん、僕も脳実習やってますよ。ご遺体はないのですが…

確かに実習したほうが脳神経とか血管とか覚えやすいですよね~

投稿: ヨースケ | 2006.06.21 01時37分

そちらも同じような感じなんだね。
かんなり、どっぷりと苦しめられています。もう少しじっくり勉強したいなぁと思うのですが、来週には普通にまとめテストがあり死にそうです。
実際に目で見てイメージを作るという意味で実習は有益ですね。しかし4回しかないので、あっという間です。
そっちは実習とかはするの?

投稿: さえもん | 2006.06.21 19時26分

オランダ・アルゼンチンみよ~よ

投稿: trp-yu | 2006.06.21 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98537/10611670

この記事へのトラックバック一覧です: 脳神経解剖学実習:

« ドロー | トップページ | 脳神経解剖学実習(2回目) »