« 羽田空港からこんにちは( 再) | トップページ | 無意味に東京タワー »

2006.03.22

荒む心に染み入る良い話

大阪から帰った早々、

クソ忙しいんですけど・・・・

明日から3月はすべて予定がぎっちり詰ってしまいました。

あんだけ長い春休みなのに、、、

全く旅行もできず・・・・・・・・・・

(大阪に行ったのは個人的所用なのでレジャーではありません。)

かなりストレスフルな生活が続きそう。

というか明らかに3学期より忙しいのはナゼ??

・・・と、この意味不明な状況に頭をひねってしまいます。







と少し話題を変えて・・・。

3月と言えば旅立ちの季節でもあります。

今年も知り合いの再受験生の何人かは受験を終え、それぞれ一区切りをつけたみたいです。

来年も受験を続ける人。

受験に完全に失敗し一区切りつけて、これから就職を探す人。

医学部には合格できなかったけど、歯学部に進学して、そこで新しい目標を探す人。

そしてめでたく医学部に合格していく人。

皆それぞれの道を歩み始めます・・・・・・・・・・・・・・。

去年の春、再受験の友達から

「これから再受験する人がいるから相談に乗ってあげてください」

と紹介された人がいました。その子は某有名アパレルメーカーに就職していたのをすっぱりと退職し、去年の春から予備校に通って医学部再受験に挑戦したのです。文系出身というハンデを抱えながら。。。。受験のブランクは8年ほど。

その子の医師になりたいという強い気持ちに共感した僕は、夏ぐらいから時折連絡をとったり、請われて喫茶店で勉強を教えてあげたりしてました。

                          (コーヒー代と引き換えで・・。)

受験期はあえて連絡をとらずにいたのですが、前々日、相手のほうから連絡がきました。

結果は・・・・・・・・・・

国立、私立を含めて医学部は全滅・・・・・・・・・・。

ただ九州の国公立大歯学部の3年次編入試験に合格した

という報告を受けました。

そして、春からその国立の歯学部に行くと決めたようです。

第一希望には届かなかったものの、彼女なりに再受験に踏ん切りをつけることができたようです。それはそれで良かったのだと思います。そして、彼女の中で自分なりに再受験を終わらせることができたのであれば、そして、受験で止まっていた時計を再び動かすことにちょっとでも僕が力になれたのなら、それで満足すべきことなんじゃないかと思いました。

新しい環境でまた新たな夢や目標に出会うかもしれません。

人生、何も道は一つではないのです。

大切なのは、予想外に出会ってしまった道を自分の足でまた歩き続けることができるかということなのかもしれない。そこが人の強さで問われるところなのかなぁ。とふと彼女の話を聞いていて思いました。

過去にとらわれるより未来を見る。

確かにその選択は辛いかもしれないけど、その辛さが今までとは違った世界をその人に与えてくれるかもしれない。

そういう柔軟で強い発想ができる人はどの世界に行っても成功できる人なんだと思います。





そして話は少し戻り、、その子が九州に行く前に一回会おうという感じになりました。

それなりに歯学部に進学することに対して彼女なりに思うこともあるでしょうから、一度会って色々と聞き出して僕なりに励まして送り出したいとも思っていたのですが、予定が全く合わず。。。。結局、今回は

お流れになってしまいました。



忙しい自分にかなり腹が立ちましたね。

タイミングが悪いのは僕の人生そのものとわかっているつもりなのですが、無性にムカつきました。

けど、先に予定が入っていたのですからしょうがないと言えばしょうがないです。





そんなわけで次はGWに会う約束をしたわけです。(もうGWは3日予定が入りました)

「私の友人で再受験のことで、さえもんさんに相談に乗って欲しい人がいるから、今度連れて行きますね。」

言われました。

       (前と同じ展開やん!!!)

そうやって、人のは広がっていくんですね。オレは再受験製造機みたいです。




・・・・そう、3月は旅立ちの季節。

新天地で新しい一歩を踏み出す人々に幸あらんことを!!!

そしていよいよ春がやってきます。

|

« 羽田空港からこんにちは( 再) | トップページ | 無意味に東京タワー »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わかります。私も3学期より今の方が全然忙しいです。ひー。

1浪してた子や後輩たちの合格朗報を聞くとほっとします。医学部に行けなかった子もいるけど、現実は厳しい。私達は幸せ者だなぁと実感します。

投稿: ぴちこ | 2006.03.23 00時20分

はつカキコになりますかね。

今年度も長いようであっという間でした。この季節になると僕も
嫌でも思い出させてくれる何かがあります。
僕も春休みは長い割には部活に忙殺されていて何も出来ない日々を
送っていますが、このいろんな意味での春は改めて客観的に自分を
見つめなおさせてくれるような気がしますよ、ホント。

投稿: ヨースケ | 2006.03.23 14時10分

>ぴちこさん

お互い忙しそうですね。
受験も競争ですから、誰かが勝ち、負けはしょうがないんですけど、やはり自分の知人が勝って欲しいと思うのは当然ですよね。
そういう周囲の人々を見て、今いる自分の環境を改めて見つめ直すというのはとっても大切なことだと思いますよ。

>ヨースケさん
初カキコさんくすです。
相変わらずバレー部は頑張っているようで・・・。飲み過ぎには注意ですよ。
去年までは僕たちもそういう身だったわけですから、色々と感じることは多いですよね。僕もまだまだ春ってそういう季節ですね。
とっても重要な季節だと思ってます。

投稿: さえもん | 2006.03.23 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98537/9200298

この記事へのトラックバック一覧です: 荒む心に染み入る良い話:

« 羽田空港からこんにちは( 再) | トップページ | 無意味に東京タワー »