« 昇段審査 | トップページ | 印象派コレクション展 »

2006.02.19

解剖学コース選択

今日は引き続いて書き込みです。

毎日の日常のことだけで書くことが数多くあるので、別に書きたいことは続けて、その時に書いとかないと、面倒臭くなっていつしか書かなくなってしまいます。

これから書くことは来年度の授業科目のことです。 

           ちなみにまだ進級は正式には決まってないのですが。。。

今年4月からいよいよ基礎医学系の講義と実習が始まります。医学部では一部の大学を除いて、2年生始めから解剖学、生理学、生化学などの臨床医学の土台となる科目が始まり、かなりシンドイ学年らしいです(実際に経験したわけじゃないからわからないんで・・)

どの医学部でもそうかは知りませんが、うちの大学では解剖学という科目が、解剖学Ⅰと解剖学Ⅱの二科目開講されます。そのうち組織学(分子解剖学)と肉眼解剖学の一部が解剖学Ⅰという枠内で指導されます。詳しいことは4月になったら書こうと思います。

そこで話は遡り、約2週間前(だったよ~な。)。来年からその解剖学Ⅰの授業形式で二つのコースができるということで、その説明会がありました。

始めのコースは、従来のように、出席を取り、講義、実習そして三回の定期テストを受けるコース。これは今までの授業形態を踏襲したもの。

他方のコースは、出席は不問で、さらに講義、実習の形式はとらず、学生が先生から与えられた課題を自力で勉強し、レポートを出した後、Power Pointを使用したプレゼンと指導教官からの口頭試問を受けるコース。定期テストは免除。もちろん、必要に応じて先生にも質問できるし、実習機材、標本も使用できます。

という二つのコースの説明を受けました。さくっと15分ぐらいで・・・。

前者のコースは特に言うことはありませんが、後者は来年度から新設されたコースで、学生の自主性が尊重されたコースなわけです。しかし、今まで先輩が教えてくれる要領が全く通用しないし、全くの手探り状態から、勉強を始めるわけだから、不安材料は多いし、多分勉強量も圧倒的に増えることは間違いありません。どこかの本で読んだことがあるのですが、このスタイルって、カナダかアメリカの一部の医学部で採用されている学習スタイルと良く似ている気がします。前者のコースも今までのカリキュラムとは少し違ったことをするみたいですし、後者ほどでないにしろ革新的コースらしいです。

多くの学生は従来の前者のコースにするみたいですが。僕は、どのコースにするか現時点でも非常に迷っているわけです。

何で今かというと、僕らの学年に再受験が多いというのも今期に新設コースが導入された理由の一つにあるかもしれません。

周囲の友達から、

「さえもんさんは、もちろんPathway(後者の新設コースのこと)コースですよね?」

と冷やかされたわけですが、正直

まんざら

でもないわけです。

「実験体になるのもいいかもね。」

とM的に考えることもしばしばです。別に、そんなに自分のことカワイイとも思ってないし・・・。

現時点の疑問点を軽く挙げてみました

〇同じ時期に、開講される科目のシンドサとの兼ね合い

→解剖学ばかり勉強して、他の科目がおろそかになってはダメだから。

→どーやら何とかなるかも・・・。 

→というか、そんなもん自分次第だろ・・と最近思うようになった。

〇先生はどういう人なのか?

→これは結構デカイポイント。不親切な先生だったら、地獄・・。

→けど先輩によると質問されるのが好きな良い先生らしいことが判明・・。

〇分子解剖学自体が個人的に良く分かっていない。個人的に興味が持てるかど~か、わからない。 

→持てなかったら気合で乗り切るしかない。

→ど~でもいい判断材料だな。

〇勉強方法は? 

→いつも通り。基本的に分からない語句があれば辞典で調べ、丹念に教科書を読み込むしかないわな。 自分のペースで勉強できるのが、そのコースの売りなんだから、マイペースな自分には合っている。 質問ができれば、基本的に教科書を元に独学は可能なはず(今までの経験から、院生も学部の時もそうだったし・・。)・・・

といろいろ考えているわけですが・・・、

結局、いろいろと考えてみたところで予想外の出来事なんていくらでも起こりえるわけで、

オレごときの頭で考えても詮なきことだと悟るようになりました。

要は、自分にとって楽しんで勉強できるのはどっちか?

ということです。最終的にはそこに行き着いてしまいます。

楽しければ、苦にはならないはず。

あとは、ある意味、逆に「何にもわからないこと」への純粋な興味です。あと誰も経験したことがないという点も同様に僕のHeartを震わせます。 あつすぎ。。。

“ありきたり”なことからへの自分なりの反逆とも解釈できるような気がします。確かそういう願望は自分の中にはあります。しかし、あまりにも表面上の形式に囚われすぎて本質を見失っているのではないのかという自問もあるんです。

こんだけ新設コースへの愛(?)を書いておきながら、旧設コースへの未練も当然あります。どういう部分かはあまり書きませんが葛藤する価値のある部分だと自分では思っています。

まだ時間がある(申込〆切は来週の金曜だったかな)ので、のんびりと考えようと思います。

長くなりました。では、このへんで。

そういや今日から医師国家試験が始まっているらしいです。

5年後の自分はどうなっていることやら・・・。ちょっと考えてみたり。。。

|

« 昇段審査 | トップページ | 印象派コレクション展 »

「お勉強@大学」カテゴリの記事

コメント

二人手を取り合って
未知の世界を切り開いてやりましょう!
なってやるさモルモット。
だってニュータイプ大好きだもん。

投稿: trp-yu | 2006.02.19 13時18分

ニュータイプ。我らの目標ですね。
この期に覚醒しちゃいましょう。

最近はSEEDも割りたいと願う毎日です。

投稿: さえもん | 2006.02.20 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98537/8731203

この記事へのトラックバック一覧です: 解剖学コース選択:

« 昇段審査 | トップページ | 印象派コレクション展 »