« ガンダム・シードを語ってやる! | トップページ | 赤紙来たる »

2006.01.19

センターに臨む前に・・・。

さっきニュースでやってましたけど、またセンター試験の時期が迫ってきたようです。

センターの時期って必ず寒くなりますよね。

センター試験という受験生とって大切な時期に限って、寒くなって雪が降ることが多いです。

医学部に合格するにはまずはセンターを突破すること。

必須条件です。そりゃ、センターボーダー以下でも合格する人はいるでしょうけど、得点が良いに越したことはないはずです。

医学部受験生にとっては、

どれだけ得点を落とさないで高得点を目指すか

を意識しなければいけません。基本戦略のスタンスとしては、センターは

「守り」の試験

そして二次試験は

「攻め」の試験。

攻めは最大の防御なり ー とはよく言いますが、では「守り」の場合は何を心がけるべきか?

大切なのは現在の自分の実力を把握して、考えうる最低点をしっかり把握しておくことです。そのために模試というものがあるのですよ。

「この点数以上は何としても突破する。」

という意識です。

これにより戦い方は変わってくるんではないかと僕は考えました。

そしてセンターがうまくいくといかないとでは、精神的余裕が全然違います。

この時期に至っては、あまり勉強に精を出すより、むしろ当日はかなり緊張するはずなので、その緊張に打ち勝つ準備をしておくべきだと思います。

直前に平静な精神状態を保てるように、

僕は、試験開始から逆算して、何をするか、何をしなければならないかをスケジュール化しました。だいたいでいいんです。何分前には席に着くとか・・・。キットカットを何個食べるとか・・・。

1年に一度の勝負ですから、学力以外であまりジタバタしたくはなかったです。

出来る限り集中できる環境を最優先に考えましょう。一人一人が信じる願掛けを信じるも良しだし、何でもいいんです。

後、寒さ対策は万全に。甘いものは必ずもっていきましょう。

そして自分にとって、自信のつく出来事や思い出を考えておきましょう。それを試験直前に思い出してみるのです。僕は、

再受験を決意した時のこと

と、

苦しかった再受験生活を思い浮かべました。

そして、「オレはこんなもんじゃない!」

とかなんとか、根拠のない自信をつけて集中力を高めました。

そう、「根拠ない自信」こそが大事なんです。根拠があれば尚いいですが・・  要は、自分の中で「勢い」をつけることが重要で、そういう「勢い」は説明不能な「好運」を呼び起こすことがあり、また意外と平常心を保つのに役立ちます。

後は、センターの前日、と当日2日間を悔いなく過ごしましょう。

悔いを残すとそれ以後の日程に響いてきます。それだけは避けたいところです。

悔いを残さず、全力でぶつかったを感じることができ、それで結果は思わしくなければ意外と心の切り替えはうまくいくのではないでしょうか。

選抜テストは勝負です。喧嘩と同じで、勝たねば意味はありません。

しかし、負けなければいいのです。引き分けも現時点ではもちろん勝ちの一つです。

残り3日間、その気合で頑張りましょう。

用意周到な準備を整えたら、あとは

精神力のみです。

こういう場合は、その強さがハードルを越えれるかどうかを決めます。

・・・・僕のセンター体験談は試験後に覚えていたら書いてみようと思います。

|

« ガンダム・シードを語ってやる! | トップページ | 赤紙来たる »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98537/8240193

この記事へのトラックバック一覧です: センターに臨む前に・・・。:

« ガンダム・シードを語ってやる! | トップページ | 赤紙来たる »